日本語教育能力検定試験過去問解説が無料で読み放題

【無料】日本語教育能力検定試験過去問解説がkindleで読み放題

早いもので8月も残すところ一週間。今春突如受験を決意した、平成30年度日本語教育能力検定試験までざっと2か月ということで、気合いれかたがたジュンク堂に足を運びました。

当然、真っ先に向かったのは日本語関連の書棚なんですが、数週間前と様相が一変。アルクの問題集、ヒューマンの赤本、用語集といった書籍群が、ぐいっとこちらに面陳されていたんですよ。

周辺の本が一気にはけてしまったので、隙間を埋めるためにこうしてみましたというのはちょっと考えられない雰囲気…

これはおそらく、直前対策需要を見込んでの大々的アピールだろうと、大いに気合を入れさせてもらう格好となり、喜ばしいやらうろたえるやらでもう大変ですわ。

ただ、日本語教育能力検定に限らず、資格試験対策といえば何をおいてもまず過去問でしょう。と信じて疑わない私としては、肝心の過去問群が、フツーに背表紙をこちらに向けて突っ込まれているだけだったのにはなんとも言えない違和感を感じずにいられませんで。

あと、違和感ついでに言うならば、ヒューマンの問題集はなんでここでは完全無視状態なのか?

ずっと前からそうだったんですが、直前のこの時期になってもやはり、ただの一冊も陳列なしということで、担当者氏の頑ななまでの意志に思いを致さないではいられませんでした。

そんな、私にとっては、これなくして受験ひいては合格など到底ありえないという認識の過去問題!

ところがこれ、公式に販売されてはいるものの、出版サイドとして何をどうお考えなのか、解説が一切掲載されていないんですよね(汗)

確かに、私の知る限り、英検や知的財産管理技能検定、さらには基本情報技術者なども、公式のものには解説はなし。ただ、これらってどれも、問題と解答は無料ダウンロードなんですよ。この点、日本語教育能力については一部1500円で解説なし、、、

当初は、いかなる凶事かと恨みにも似た思いを抱いたものですが、そうこうするうちに月日は徒に過ぎ去るばかり…となってしまっては身も蓋もありません。

さっそく怒涛の検索マシンと化し、どなたか奇特な方が、ブログなどでオリジナル解説を公開などしておいでではないかと、ウェブ上を激しく右往左往。かろうじてみつかったのが

日本語教育能力検定試験問題の解説

【日本語教育能力検定試験】独学ノート

の両ブログ。

おそらく、私以外にも多くの受験者諸氏が参考にしていらっしゃるとは思うんですが、情報が少ない中、本当にありがたいことです。ただ、肝心の最新過去問、平成29年度については、前者では公開されておらず、後者では穴が散見というのが残念至極。

あとは、自身の乏しく怪しい知識を頼りに本番に臨むしかないというのでは、なんと心元ないことでしょう。。

そんな思いでこの数か月を過ごしていたんですが、いよいよ直前期ということで、改めてウェブ検索してみたところ、なんとこkindle本を発見ですよ奥さん!

平成29年(2017年)の過去問解説

平成28年(2016年)の過去問解説

わらをもつかむというのはまさにこのことを言うのでしょう。すぐさまアマゾンにログインし、迷うことなく二冊とも入手!

ただ私の場合、kindle unlimitedというものを契約しているので、どちらも無料で読み放題なんですよね。月々の引き落とし前には、毎度解除しようかどうしようか頭を悩ますunlimitedなんですが、この時ほど、継続を選んだ自分をほめてやりたいと思ったことはありません。

さっそく、昨日今日で平成29年の学習を終え、せっかくだからということで、28年分の学習にも着手したんですが、これが実にすばらしい。

市販のオリジナル問題集の解説にありがちな、字数稼ぎかいと言いたくなるような冗長な記述は一切なし。正解を導き出すのに必要な最低限の解説と、肢の切り方のヒントがコンパクトにまとめられているんです。

さらには、各試験形式、ジャンルごとの学習方法まで適宜おさめられて、まさかまさかのこのお値段。神教材という言葉があるとするならば、正にこの二冊にこそ冠せられるべきと、もはや信じて疑っていませんので。

これから過去問に着手という方には、直近二回分は、だまってこの二冊でおやんなさいとおススメしたいところ。そのうえで、さらに昔の過去問もつぶしておきたいとなった場合に、先のブログ記事のお世話になるというのがベストな選択ではないかと思います。

たしかに、ブログ記事だと完全無料というメリットはあるんですが、実際にお勉強の素材として使わせてもらうとなった場合、なかなか扱いが面倒だったりするのも事実ですからね。サイトマップがなかったり、リンク構造がにわかに把握できなかったり等々…ぜいたく言うてスンマセン

この点私は、これらの記事を活用しつつも最小限のストレスで学習できる体制を整えてはいるんですが、ここにたどり着くまでの労力ときたらもう(涙)

いやしかし、それよりなにより、試験まであと約二か月となった今、だまってやるべきはアマゾンで二冊のKindle本を入手すること。労作を驚きの安価でご提供くださった著者氏に深く感謝しつつ、多いようで少ない残りの日々を突き進んでまいりましょう^^

日本語教育の検定問題を解く2017: 平成29年度日本語教育能力検定試験解答と解説

日本語教育の検定問題を解く2016: 平成28年度日本語教育能力検定試験 解答と解説

文系アラフィフ男性が放送大学学生募集要項を急遽取り寄せた理由とは?

仕事と関係あるとかないとかで、環境学習の一助となればと一念発起したものの、数か月もたたないうちにあえなく挫折。あれはいったい何だったのかと、ただただ翻弄させられるばかりだったカミさんの放送大学入学劇。

取り寄せたパンフレットの類をうれしそうに眺める彼奴の様子を見ても、自分事としてはついぞ関心を抱くことのなかった通信制大学での学びなんですが、ここへ来て突如クローズアップ!

己の指でしかとキーボードを叩いて、募集要項という名の願書入り資料一式を注文することになったのですから人生分からないものです。

水曜か木曜あたりに申し込んで、届いたのがたしか翌月曜日。今月末が一次募集の〆切というのもあるんでしょうが、すばやい対応には感謝感激。前時代感マックスの超こぢんまり型郵便受けに、親の仇の如くきゅうきゅうと投函されていた現物がこちら。

<>

<>

しかしまあ、ここへ来てなんで私が放送大学?というお話なんですが、最大の理由は、もしや我が天職かと最近とみに関心を深めつつある「自然言語処理」が学べるということ。

もともと、ゆるゆると基本情報処理技術者の学習を進めていたというのはあるんですが、取得したところで何がどうなるという根本の疑義は拭い去ることはできず。当然ながら、やる気があるようなないような、宙ぶらりんの状態が長く続いていたんですよね。

これはいかんと思いつつもどうにも力の入りきらない毎日…。

そんな折、公式サイトをちら見するなどしてほんのりと認知していた「放送大学エキスパート」なる制度に、データサイエンス系が新たに加わるとの情報を得て、がぜんやる気のかたまりと化すナイスミドル約一名。

さらによくよく閲してみると、必修もしくは選択必修というものではないものの、単位に組み込める科目として「自然言語処理」の6文字が鎮座ましましておいでではありませんか。

これに気づいてからはもう、科目ラインナップはいかばかり?かかる費用はなんぼのもんじゃい?そもそも入学資格とかクリアできとるんかいな?と、決して少なくない疑問の数々を秒速で解決したら請求ボタンを即ポチ。結果、これら資料が兵庫県の片田舎にやってきたというわけなんです。

無事受領してから今日でちょうど一週間。

結局、さらなる詳細情報などもウェブサイトで調べ尽くしてしまい、お忙しい中何のために送っていただいたものやらもうさっぱり。結局一度も開封しないまま今日に至っているんですが、長く生きていればそういう理不尽にももはや慣れっこ。

しかと学んだ成果を存分に社会に還元することでご恩返し。このあたりでなんとかご容赦いただければと、相変わらずのんきに構えているんですが果してどうなりますことやら?

ヨロズマートららぽーと甲子園店

奇跡の半額セール!ヨロズマートららぽーと甲子園店閉店を速報レポート

泣いても笑っても今日が最後!取るものも取り合えず行ってきましたよ。ヨロズマートららぽーと甲子園店、2018年5月20日閉店当日のレポートです。

前回、オープンから一年ぶりに足を運んだヨロズマート(祝一周年!2度目のヨロズマートららぽーと甲子園店で入手した妖怪ウォッチグッズをご紹介)。その直後、近々閉店との報を受けて愕然としたのが2018年4月のことでしたが、その日から5月20日までは、まさに傷心のカウントダウンの日々。

しかし当日は、ジバニャンはじめ妖怪のみんなに、そんな湿っぽい雰囲気は似合わないとばかりにカラッと晴れた実にいいお天気。カミさん共々阪急電車ならびに阪神電車車内の人となり、甲子園駅を目指したのでした。

阪神甲子園球場

さすがに三度目ということで、お目当ての駅に到着以降はもう慣れたもの。のったらくったら前進する女子大生風集団をぐんぐん追い抜き、やってきましたららぽーと甲子園!

lalaport_800

ここの二階にある(もしくはあった)のがヨロズマートなんですが、最終日のわりには、別れを惜しむ人々で大混雑ということもありませんで。。。

ヨロズマートららぽーと甲子園店

この点、一時期の妖怪ウォッチの盛り上がりも過去のものかと悲しいような、それでいてゆっくり見られてうれしいような、複雑な思いにとらわれる、子なし犬なし中年二人組。それはもうなめまわすように店内を歩き回り、購入すべきグッズの吟味を重ねたのでした。

あそうそう、これはお店まで足を運んではじめて知ったんですが、なんと当日は、一部の商品を除いてほぼ50%オフ。

50%オフ

思いがけない太っ腹な展開に歓喜の「もんげ~」を連呼しつつ、我が家にお招きすることになったのがこちらのグッズの数々。

yokai-watch_800

クリアポーチにマスコットにTシャツにウィスパーのなんかよく分からんけどひっつくヤツに…

事前の見積もりでは、先月の来店時に必須アイテムはかなり確保していたので、まあ今日は3000円くらいのもんでしょうと踏んでいたんです。ところが蓋を開けてみれば、50パーセントOFFでそのくらい消費していたわけですから、想定外の大量買いに驚愕することしきり。

なお、画像の消しゴムは2,000円以上お買い上げのプレゼント。でもってフェイスタオルは、これまた2,000円以上お買い上げでチャレンジできる抽選の3等賞ということで。

こうして結局なんのかんので、閉店の悲しみはおろか、たいそうニコニコのお買い物客モードで後にすることになったヨロズマート。

各地に展開していた店舗の相次ぐ閉店の後は、なんとオンラインショップがオープンとのこと。今後はこちらの進展に注目しつつ、先ごろスタートした新しいアニメ「妖怪ウォッチシャドウサイド」を楽しむ日々を過ごすことになりそうです。

じわじわヘビロテ化しつつある新OP

しんみりしてない(・w・)/