オーストラリアの「ライトなワルピリ語」というトレンドに触れつつ言語学習の奥深さを考える