公民権運動史上のターニングポイント「血の日曜日事件」で惨敗する我がカバ耳